オゾン発生器で暮らしをもっと快適に

オゾンを生活に取り入れ、より安全に、より効率的に快適な暮らしを目指す。

他社に先駆け成果主義を導入した富士通はオゾン処理設備を導入した「会津若松Akisaiやさい工場」で野菜を生産し、腎臓を患っている人向けに低カリウムレタス等を販売しています。富士通だけではありません。Panasonicでは、オゾン水除菌を採用したアラウーノを発売しています。maxellは、もう随分と前から家庭用のオゾン発生器を製造・販売してきました。最近では、家庭用オゾン発生器としては珍しいサーキュレーター型の「部屋干し用オゾネオ MXAP-ARD100」や水道直結型の業務用オゾン水生成器「MXZW-WM100J オゾネオアクア ウォーターミックス」が発売されたのは記憶に新しいことかもしれません。

日本は海外の先進国と比較して、衛生意識は高いといえます。しかしながら、残念な点は情報を上手にさばけないことです。たとえば、「オゾンは危険か安全か」という議論をする場合、少しオゾンを知る者であれば、それが濃度に依存することは明白です。そのとき、オゾンを知っている必要はありません。問題は、そのような議題があったとき、土台となる情報がないのにその時点で危険か安全か振り分けようとしてしまうことです。

つまり、「調べる」「考える」というプロセスがまったく抜け落ちてしまい、狭い視野のまま、あるいは結論を導き出すために必要な情報が不足したまま結果を形成しようとすれば正しい答えを導き出せる確率はグッと低くなるでしょう。

神戸オゾンは、オゾンや科学、自然環境、電化製品の専門家たちで構成されたチームです。
当サイトでは、「オゾンの必要性」や「空気清浄機やオゾン発生器の正しい知識・使い方」「電化製品の安全性」などを詳しくご紹介し、1人でも多くの方が快適な暮らしに役立て、今ある暮らしをより豊かなものにしていただければ嬉しく思います。