オゾンはカビ菌に効果がありますか?

オゾン発生器のメンテナンスや寿命について教えて下さい

オゾンはカビ菌に効果てきめんです。
ここでは、カビ菌についてちょっと詳しく回答します。

カビの正体

私たちは「カビ」というと、たとえばお風呂場やキッチンに生えている黒いカビを思い浮かべます。あるいはワインなどお酒が好きな人はブルーチーズの青いカビを想像するかもしれません。これらを顕微鏡で見てみると、糸状のものがたくさん絡み合っているのが見えます。そのため、これらの菌を「糸状菌(しじょうきん)」と呼んでいます。日常生活で「カビ」と呼ばれるほとんどがこの糸状菌です。
これらのカビは、生物学の分類では「菌類」のグループに入ります。この菌類のグループにはパンやビールを作るために欠かせない酵母や、カビよりもずっと大きいキノコも含まれます。酵母とカビは形は違えどかなり似ており、専門的には糸状菌と酵母の仲間をまとめて「真菌(しんきん)」といいます。
オゾンはこの真菌に効果がてきめんなのです。

「菌」の正体は「細菌」

「菌」という字は、私たちの腸内にいる大腸菌やヨーグルトに入っている乳酸菌などにも使われています。
これらは専門的には「細菌(バクテリア)」といい、カビよりずっと小さく、また外観や内部の構造もカビとは大きく異なります。ですから単に「菌」というと「菌類」と「細菌」を混同してしまう可能性があります。通常、「菌」という場合には、「細菌」を指しています。
細菌やカビなどをまとめて微生物という言葉もよく耳にします。文字通り、微生物は「小さな生き物」という意味で、場合によってはウイルスを含めたり、ゾウリムシなどを含めるときもあります。

オゾンは「菌類」と「細菌」に効果がある

前項で説明したように厳密に言うと、「菌類」と「細菌」は別物ですが、オゾンはこれら両方(ほぼすべて)に効果があることが分かっています。
オゾンの効果について詳しくは「オゾンの効果」をご覧いただきたいと思いますが、カビがなぜ発生するのか、どうやって死滅するのかという点についてさらに詳しく説明していきます。

菌やカビは「汚い場所」「水気の多い場所」「日の当たらない場所」を好んで棲んでいます。
カビや菌は素早く動けないうえ、「栄養」や「水」を求めて遠くまで移動することができません。清潔で乾燥している環境では栄養や水を十分に得ることができず、生きていくことができないのです。言い換えると、菌やカビは生きていくのに栄養と水(高い湿度)が必要なのです。

菌やカビが増えるのは細胞が分裂を繰り返すからです。
一度好ましい環境に出会ったカビや菌は「今だ!このときを待っていた!」と言わんばかりにすぐに増殖を始めます。

では、それらの菌やカビがどうやって死滅するのか。

カビや菌の死滅は、人など高等生物の死とは異なり、「細胞死」と呼ばれます。細胞死とは細胞が永久に増えることがなくなった状態を指します。細胞は高温や低温、乾燥や殺菌剤、あるいはオゾンなどの極端に高いストレス環境にさらされると細胞死へを導かれるのです。

細胞死は、一部の酵素の機能が極端に低下したり、細胞内の代謝バランスが崩れたり、細胞の構造が壊されたりすると起こるのですが、特にオゾンがこれをよく破壊することが分かっています。細胞が極端なオゾン濃度環境下にさらされると、多くの酵素が機能を失います。高圧などの物理的な力は細胞構造を破壊します。これらが結果として細胞死を引き起こすのです。また、酵素はDNAの遺伝情報をもとに合成されます。したがって、DNAの遺伝情報が書き換えられてしまうと、正しい酵素が合成されず細胞死へと向かうわけです。このようなケースは紫外線や放射線、活性酸素などの働きによって起こり、DNAが傷つけられることも細胞死を引き起こす一因となります。

最後になりますが、清掃の専門業者などが何故オゾンを採用するのかというと、カビや菌にはさまざまな種類がありますが、もっとも手軽に・そして広範囲・強力にその効果を示すからです。もちろん、カビやその他菌類と分解作用を起こしたあとはオゾンは酸素に戻って完全無害化され、残留性がないこともオゾンのメリットして知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA