オゾン発生器のメンテナンスや寿命について教えて下さい

オゾン発生器のメンテナンスや寿命について教えて下さい

オゾン発生器のメンテナンス方法や寿命はメーカー・製品ごとに異なります。
ここでは特定の製品に関する情報ではなく、「オゾン発生器」という機器の一般的なメンテナンス方法と製品寿命について説明したいと思います。

【メンテナンスについて】
メーカーが「メンテナンスフリー」としているケースでは、メンテナンスが不要なこともありますが、多くの場合で定期的なメンテナンスが必要になるとお考え下さい。(業務用・家庭用ともに)
ただ、オゾン発生器のメンテナンスといえば、基本的にどの製品でもオゾン発生体と呼ばれる放電管(または放電板)の拭き取りがメインメンテナンスとなります。
放電管のメンテナンスに工具が一切必要ない製品もあれば、プラスドライバーを使用して複数本のネジを外さなければならない製品もあります。
そのため、製品購入時には「定期的なメンテナンスが必要かどうか」「メンテナンス時の作業に工具は必要かどうか」の2点は最低限確認したほうがいいでしょう。

【製品寿命について】
オゾン発生器以外の一般的な電化製品にも製品需要があるように、いうまでもなくオゾン発生器にも製品寿命があります。
ところで、オゾン発生器における「製品寿命」は何をもって判断するのかご存知でしょうか。
それは「放電管のオゾン発生効率がどれだけ低下したか」で判断します。
簡単にいうと、購入当初100mg/hrのオゾンを発生したけれど、数年が経過して(致命的な故障があるわけではないが)オゾンを50mg/hrしか発生していない(新品時のオゾン発生量から50%低下)場合などが考えられます。
しかしながら、オゾン発生器メーカー各社を確認しますと、この製品寿命の設定が曖昧で一般の消費者には少し分かりづらいかもしれません。
業界で信頼が高い某メーカーのある製品では、「製品寿命は約2年間または累計通電時間2,000時間です。製品寿命の考え方としてはオゾン発生効率が(購入当初から)70%まで低下したレベルを製品寿命と設定しています」とのことです。
製品寿命の定義が曖昧なオゾン発生器業界のなかで、これはとても消費者に寄り添った良心的な製品寿命の考え方だと思います。

製品寿命について、多くのメーカーが「使用頻度や環境によるので一概にお答えできません」などと回答します。
その回答自体は理解できます。しかしながら、問い合わせがあった消費者に対して、「よろしければ、どのような環境下で、どの程度の稼働時間で製品をお使いなのかお聞かせ下さい」くらいは逆にヒアリングしてもいいと思いますが、そこまで親切なメーカーは非常に少なく「数える程度」です。

製品寿命が長いに越したことはありませんが、そもそも、製品寿命の定義をしっかりと明確化しているような信頼できるメーカーから購入されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA